inductor's blog

nothing but self note :)

RubyでYJITを有効にする場合はメモリ消費量に気をつけよう、という話(on Kubernetesでハマった)

TL; DR YJITをDocker/Kubernetesでで有効にするには RUBY_YJIT_ENABLE=1 or RUBYOPT=--yjit YJITはデフォルトで256MBのメモリ領域を確保するため、全体のメモリ消費量が上がる Docker/Kubernetesでメモリ量を制御したい場合、RUBYOPT=--yjit-exec-mem-size=1…

西海岸のスタートアップとカジュアル面談をやってみた話

はじめに Launchableの共同創業者の1人で、Jenkinsの父としても知られる川口耕介さんとMSでアドボケイトをされている寺田佳央さんのご紹介で、西海岸サンタクララにヘッドクオーターを置くShipa.ioというスタートアップのカジュアル面談を受けてみました。日…

Prometheus Operator に入門した

Prometheus Operator 完全に理解した。

kubeadm コンフィグの新しいAPIバージョン kubeadm.k8s.io/v1beta3 が出てた

Kubernetes v1.22 から kubeadm.k8s.io/v1beta3 が利用可能になっていたのを、年末に実家のクラスターをいじいじしてたときに気づきました。kubelet.config.k8s.io/v1beta1 と kubeproxy.config.k8s.io/v1alpha1 は据え置きですが、InitConfiguration、Clust…

Karpenterのファーストインプレッション

はじめに これはKubernetes Advent Calendar 2021 4日目の記事です。 今回はAWSが先週GAを発表した「Karpenter」について、実際に触ってみた様子とOSSとしての思想やデザインについて書いてみます。 Karpenterとは Karpenterの公式ページでは「Just-in-time …

久しぶりにNew Relic (with Kubernetes)使ってみたらいろいろ便利なことが増えてた話

はじめに これは、New Relic Advent Calendar 2021 3日目の投稿です。遅くなってすみません! もともと、献本いただいていたNew Relic本の書評をしようかと思っていたのですが、思ったより分量が多くて読み切れていないのでそれはまたの機会にするとして、そ…

KCNA(Kubernetes and Cloud Native Associate)の資格試験とトレーニングが一般公開されました

はじめに この記事は以下CNCF公式のアナウンスを日本語で抄訳したものです。全文及び詳しい内容については該当記事を合わせて御覧ください。 www.cncf.io

EKSでDockerから卒業すべくBottlerocketのマネージド型ノードグループを使ってみた

eksctlを使わずにBottlerocketのMNGをEKSに仕込んでみました。

KubernetesのResource Requests & Resource Limitsの内部処理をソースコードレベルで読み解く

KubeCon EU 2021にて発表したKubernetesのリソース要求/制限の内部処理をブログ向けにまとめ直しました。

新しいLinux namespaceである「CPU Namespace」について

はじめに この記事は、以下のlwn.netの記事を抄訳したものです。 lwn.net CPU Namespaceのご紹介 これはCPU namespaceのインターフェスとそのメカニズムを証明するための初期プロトタイプです。 現状におけるCPUリソースの制限方法 Linuxカーネルでは、タス…

Google Developer Expert (Google Cloud Platform/Modern Architecture) になりました

表題の通りですが、Google Developer Expert (Google Cloud Platform/Modern Architecture)になりました。

EKS(or Kubernetes on AWS)本番運用で導入を検討すべきな追加コンポーネントについて

はじめに Amazon EKSを初期導入すると、最小限の構成でクラスターがセットアップされそのままの構成で本番運用をするのはとてもじゃないが厳しいみたいな状態になっています。 これには運用者が柔軟にミドルウェアを選定できるというメリットもありますが、…

資格試験を受ける側から作る側になった時の話

はじめに こんにちは。inductorです。 Kubernetesについて学ぶための1つの方法として、CKA/CKAD/CKSといった公式の資格の存在があります。資格保有が必ずしも専門性を示すわけではありませんが、特にベンダーの技術者や普段業務でKubernetesを使わないという…

久々に社内勉強会で発表するので資料を公開します

久しぶりに社内勉強会というやつに参加して発表することになったので、発表資料を共有します。

CIOpsとGitOpsの話

はじめに GitOpsという言葉が生まれたのが自分の知る限り2017年頃なのですが、世の中にあるCI/CDの仕組みはまだほとんどがCIOpsもしくは手動のオペレーションによって成り立っていると思っていて、かつては自分もそうだったのですが「Gitで管理されていればG…

EKS Anywhereのファーストインプレッション

はじめに EKS Anywhere(EKS-A)とは じゃあ、何をするCLIなの? EKS Distro(EKS-D)とは 刺さるユースケースは・・・? EKS Connectorの話 EKS-AとEKS Connectorの組み合わせ 1. クラスター管理をeksctlに一本化できる 2. クラスターAPIによるメリットが享受で…

Kubernetes 1.22で削除されるBeta APIが結構多いのでまとめてみる

はじめに Kubernetesは直近3マイナーバージョンをUpstreamのサポート対象にしており、特に1.19以降では各バージョンごとに1年のパッチサポートがあります。2021年7月現在の最新版は1.21なので、1.19以降の3マイナーバージョンがサポート対象になっています。…

KubernetesノードでDocker HubのRate Limitに立ち向かう

はじめに はじめに Kubernetesでの対応 imagePullSecretsを使いたくない... kubeletが実はDocker credentialを読み取れる実装になっていた Docker Hubはコンテナレジストリとしては世界で最も広く使われるサービスですが、去年の秋頃からイメージをPullする…

KubeCon + CloudNativeCon Europe 2021 Virtual登壇を終えて

KubeCon + CloudNativeCon Europe 2021 Virtualにて2件のセッションで登壇したときのすべての裏側をお話します。

kubeadmで作ったKubernetesクラスターでcontainerd + gVisorのRuntimeClassを動かすぞ2021年エディション~~~~

containerd + gVisorでKubernetesのワークロードが動かせたのでうれしいよって話です。

株式会社はてなに入社しました

株式会社はてなに入社しました

ちょっとした疑問: Krustlet(Kubernetes)で動くWASMアプリケーションはコンテナか?

はじめに 先日開催されたKernel/VM探検隊online part2ではWASMが大きなトピックの1つでした。 connpass.com 僕はWASMに関して一切話しませんでしたが、以前からKubernetesにおけるWASMの活用の話や、CDNなどのエッジクラウド環境におけるWASMの活用について…

KUBECONFIGのすべて

はじめに このエントリーは、Google Cloudのエンジニアである@ahmetb氏のブログ記事を日本語訳したものです。 以下のツイートを見つけて、良さそうだったので翻訳の許可をいただきました。 Mastering KUBECONFIG article has been the top read page on my b…

軽量Dockerイメージに安易にAlpineを使うのはやめたほうがいいという話

はじめに やめろ、ではなく、やめたほうがいい。です。自分のユースケースに合ってるか今一度確認することを推奨します。基本的にはAlpineは避けたほうが良い、というのが2021年時点での私の認識です。 なんで? libcに一般的な互換性が不足しているからです…

EKS FargateとGKE Autopilotの違いを外野から解説してみる

EKS FargateとGKE Autopilotは似てるって思われがちだけど技術的には全然違うんじゃない?っていう話です

KubeCon EU 2021でスピーカーに採択されました

KubeCon NA 2021にて2件のプロポーザルについて採択していただき、発表することになりました。わいわい

周りの人に感情表現するのは悪いことなのか

マッチングアプリで知り合った女性と長電話していろいろ思ったことをだらだら言語化してみました。

あの時に言われた一言にずっと救われ続けているという話

年の瀬に高専のどん底時代を救ってくれた言葉の話を書きました。

inductorの2020年ブックマークランキングベスト33

はじめに ↓が面白かったので自分のとこでもやってみた。そもそも33個しか今年記事を書いていないっぽくて、ベスト100とかそういう次元ではなかった。まあでも可視化されるのは面白い。 blog.sushi.money 振り返ってみるとDockershimの話が燃えた盛り上がった…

Firecrackerはコンテナランタイムなのかという話

この記事について OCHaCafe #3に参加していて、参加者の方が「Firecrackerは高レベル低レベルどちらのランタイムに属しますか?」という質問をされていたのを見かけた。 ochacafe.connpass.com 確かにパッとドキュメントを見ても立ち位置よくわからんな、と…