inductor's blog

nothing but self note :)

Amazonが作ったサーバレスアプリケーションのための軽量VM、Firecrackerの論文を読み解く -その1-

このエントリーについて このエントリーを書き始めた経緯は下記にあります。 blog.inductor.me

Amazonが作ったサーバレスアプリケーションのための軽量VM、Firecrackerの論文を読み解く -導入編-

はじめに こんにちは。inductorです。 以前にBorgの論文を翻訳しましたが、引き続いてFirecrackerの論文も訳していくことにしました。 FirecrackerはAmazonが作った軽量な仮想マシン管理のためのOSSで、ワークロードの実行にはコンテナを用いています。 元論…

Googleが作った分散アプリケーション基盤、Borgの論文を読み解く -その5(最後の翻訳)-

このエントリーについて このエントリーを書き始めた経緯は下記にあります。 blog.inductor.me 今回で翻訳は最後になります。前回のエントリーはこちらです。 blog.inductor.me

Googleが作った分散アプリケーション基盤、Borgの論文を読み解く -その4-

このエントリーについて このエントリーを書き始めた経緯は下記にあります。 blog.inductor.me 今回は前回の続きでセクション7からです!前回のエントリーはこちらです。 blog.inductor.me

KubeCon + CloudNativeCon Europe 2020の個人的に気になっているセッションまとめ

はじめに このエントリーはKubeConで気になってるセッションを個人的にまとめたものです。なお、LTは数が少ないのと会場が1つなので除いています。

Googleが持つ大規模なネットワークの仕組みについて解説した動画「Life of a photon through global load balancing(グローバル負荷分散における光子の一生)」が面白かったので日本語に起こした

Googleスケールのネットワークに関する動画を見て、面白かったので雑な翻訳の字幕お越しをしました。

Googleが作った分散アプリケーション基盤、Borgの論文を読み解く -その3-

前回の続きでセクション5からです!

git checkoutからちゃんと卒業する

git checkoutをgit switchとgit restoreに置き換えてみましょう。

ドキュメントはなぜ書くべきなのか

はじめに 最近、仕事・プライベート問わず技術的な内容に関して人に教える機会をいただくようになりました。 僕は前のチームの影響で文章を書くことの重要性を意識するようになりましたが、最近はどうしても面倒で後回しにしがちなドキュメントをどうやった…

カンファレンス運営を"離れた立場で"やってみた振り返り

はじめに こんにちは。inductorです。 1/25(土)にSRE Nextというイベントがありました。 国内では初めてのSRE(Site Reliability Engineering)に関するカンファレンスで、母体であるSRE Loungeは数ヶ月に1回程度で開催されているオープンなミートアップのコミ…

2019年を振り返る

はじめに こんにちは。inductorです。 なんかみんなやってそうだし自分も便乗して今年1年を振り返ろうと思います。

クリスマスイブに捧げるDockerイメージ

Try this docker run -it lukaszlach/merry-christmas

EKS for Fargateが出たので社内でファーストインプレッションの情報シェア会をやりました

はじめに こんにちは。inductorです。 EKS for FargateがいよいよRe:Inventで発表されました。期待に胸を膨らませていた方も多いのではないでしょうか? 今回は、EKS for Fargate楽しみだったけどまだ使っていない人や、Fargateよくわからんって人のために社…

Kubernetesの開発や発展を支えるコミュニティの話

はじめに この記事は、Kubernetes3 Advent Calendar 2019 5日目のエントリーです。 Kubernetesを語る上で、元来Googleから引き継がれた思想やコンテナ技術に関する利点は当然欠かせないものです。 しかし、Kubernetesがここまで発展したのは技術面だけにとど…

CloudNative Days Kansai 2019で登壇します

はじめに タイトルの通り、大阪で登壇します(今日これから)。 資料を先に公開したのでおしらせ。 speakerdeck.com 名前こそKubenretes寄りになってますが、実際はストーリーに沿ってチームの成長や、サービスを提供することの意味などについて伝わるように…

Docker社がエンタープライズ事業を譲渡した今、Dockerの父が思うこと

はじめに Dockerの開発元であるDocker社が、Docker EE(Enterprise Edition)に関するビジネスをMirantis社に売却しました。 Mirantis社はかつてはOpenStackをメインにビジネスを展開していましたが、ここ数年はマルチプラットフォームなKubernetesとしてMiran…

社内でインフラエンジニア向けに作ったFargate勉強会の資料を公開します

以前、社内向けにDocker/Kubernetes入門の勉強会を開催したのですが、今回はそれに引き続き、AWS Fargateに関する勉強会を開きました。

Googleが作った分散アプリケーション基盤、Borgの論文を読み解く -その2-

このエントリーについて このエントリーを書き始めた経緯は下記にあります。 inductor.hatenablog.com 今回は前回の続きでセクション3からです!前回のエントリーはこちらです。 inductor.hatenablog.com

Googleが作った分散アプリケーション基盤、Borgの論文を読み解く -その1-

このエントリーについて このエントリーを書き始めた経緯は下記にあります。 inductor.hatenablog.com 上記の理由の通り、目的は論文を翻訳することだけではなく、最終的にこれを踏まえて自分の見解をつらつらと書いていくところにもあります。 おそらく一番…

Googleが作った分散アプリケーション基盤、Borgの論文を読み解く -導入編-

はじめに こんにちは。inductorです。 今日のエントリーはタイトルの通りです。 BorgはGoogleが持つアプリケーション実行基盤で、Google CloudにおいてはGKEのマスターノードやGoogle App Engineなどが実際に動くインフラとしても使われています。 また、話…

Kubernetes Meetup #24 3つ目のスライドのやつ

Kubernetes 1.16 アルファ機能を先取り!エフェメラルコンテナ @superbrothers Agenda Kubernetesでアプリケーションのトラブルシュート/デバッグ エフェメラルコンテナ エフェメラルコンテナ、もっと詳しく 今後のマイルストーン まとめ

Kubernetes Meetup #24 2つ目のスライドのやつ

Debug application inside Kubernetes using Linux Kernel tools Sonyのシステムエンジニア @KentaTadaさん runc Docker containerのコントリビューター Agenda oci-ftrace-syscall-analyzerの紹介 Kubernetes上でプロセスのコアダンプを取る方法の紹介

Kubernetes Meetup #24 1つ目のスライドのやつ

minne の開発環境の変革と今後 @_shiro16 GMOペパボ minne事業部 チーフテクニカルリード minneについて 国内最大級のハンドメイド商品のECサイト 9年目 Agenda minnne の構成の話 Kubernetes導入以前の開発環境 Kubernetes導入以後の開発環境(問題がどう解…

社内勉強会で作ったDocker/Kubernetes入門の資料を公開しました

TL; DR Docker/Kubernetes初心者の方と一緒に仕事をすることになったので、はじめの一歩として勉強会を開いたときに作成した以下の資料を公開しました。 speakerdeck.com

ZOZOテクに入社してもうすぐ1年半になるので、リアルな話をしたい

はじめに タイトルは釣りです(テンプレ) はじめましての方ははじめまして。特にこの記事がバズるとも思ってないんですが、なんとなく新しく僕のことを知っていただいた方のために自己紹介しておきます。 ZOZOテクノロジーズ開発部に所属するインフラエンジ…

技術書典6にて本を出します。

ご挨拶 お久しぶりです。inductorです。 いきなりなのですが告知させてください。 技術書展にて、2冊の本を出すことになりました! が、うち1冊は詳細がまだ出せないので出せるようになったらご連絡しますw う47 おとうふ工房 知り合いのインフラエンジニア…

「いきなり1on1」を受けてきました

概要 いきなり1on1というのを実施している方(@nitt-san)がいまして、今回機会をいただき、実際に1on1をやってきました。 いきなり1on1については、以下の2エントリーを御覧ください。 nitt-san.hatenablog.com nitt-san.hatenablog.com

中退者だけど高専キャリアイベントに行った話

はじめに どうも、inductorです。 先日、六本木のフリークアウトさんのオフィスにて、高専キャリア全国大会というイベントが開催されました。 今回は2回目の開催だったのですが、1回目はばんくし(id:vaaaaaanquish)が登壇したり学生が置いてきぼりになるよう…

初めてKubeConに参加したエンジニアが感じた、海外カンファレンスへの臨み方

概要 この記事は、KubeConに参加した @inductor が何も準備せずにKubeConに参加して学んだことをアウトプットする目的で書いています。

詳解 HTTP/3 の翻訳に寄せて

これは、mohikanz アドベントカレンダー20日目の記事です。 はじめに 詳解 HTTP/3(HTTP/3 explained)は、IETF のドラフトドキュメントを除いた HTTP/3 および QUIC に関する恐らくはじめての体系的な本です。 プロジェクトが始まったのは 2018 年 2 月で、当…